header_index

かつて公害に苦しんだ地域が、現在はどのようになっているか知っていますか?持続可能な地域づくりに向けて、住民・行政・企業がパートナーシップを結び、活動している地域があります。しかし、それらの情報は一般的にあまり知られていません。

「公害地域の今を伝えるスタディツアー」は、再生はどこまで進んでいるのか、残された課題は何か、現地で確かめる試みです。現地の見学やヒアリングから得た知識は、ワークショップを通じ参加型で学びます。そして、参加者は現地で学んだことを、次は発信者として、伝えていくことを目指しています。

ページの先頭へ戻る