header_niigata0-1

新潟水俣病の概要

新潟水俣病は、メチル水銀を含んだ工場排水を昭和電工鹿瀬工場が阿賀野川に流し、魚介類が汚染され、その魚介類をたくさん食べた人が発病した公害病です。症状は手足のしびれ、痛覚などの感覚低下、秩序だった手足の運動ができない、言葉がうまく話せない、視野が狭まる、聴力障害、ふるえなどです。

最初に水俣病の発生が確認されたのは1956(昭和31)年で、熊本県の水俣湾周辺で発生したことにより「水俣病」という病名が付けられました。新潟水俣病は 1965(昭和40)年に阿賀野川流域で発生が確認されました。新潟水俣病は、熊本の水俣病を教訓として公害の発生原因対策を行っていたならば、発生しなかった公害といわれています。

新潟水俣病は四大公害裁判の先陣を切って裁判を提訴します。新潟の姿を見て、全国の公害地域が立ち上がります。新潟水俣病の被害地域は阿賀野川の上流から下流まであり、いろいろな地域でいろいろな人たちが被害を受けました。訴訟は1次から4次まであり、それぞれ主張が異なり、現在係争中の裁判もあります。

現在は、新潟県の「新潟水俣病地域福祉推進条例」により、阿賀野川流域で地域再生活動がはじまっています。

ページの先頭へ戻る