header_toyama3-4_hearing

ヒアリング及びフィールドワークの内容

公害の解決には様々な立場の人たちが関わります。新潟水俣病の場合は被害者の団体が訴訟ごとに分かれており、それぞれの立場に聞くことになりました。その他には医者、弁護士、行政、マスコミ、教師、地域再生活動など、それぞれの立場の人たちがどのような取り組みを行って、公害を解決しようとしているか。また、どのような課題が残されているのかをヒアリングしました。

ページの先頭へ戻る