header_osaka3

ヒアリング及びフィールドワークの内容

公害の解決には様々な立場の人たちが関わります。大阪・西淀川では被害者だけではなく、加害者となった工場および道路管理者の国のお話や、地域再生に取り組んでいる人たちの声を聞くこととなりました。その他には医者、弁護士、行政、教師など、それぞれの立場の人たちがどのような取り組みを行って、公害を解決しようとしているか。また、どのような課題が残されているのかをヒアリングしました。

ページの先頭へ戻る