head_index

スタディツアーの概要

公害は「被害で始まり被害で終わる」といわれています。公害被害者である私達は、公害をなくすための運動を積み重ね、様々な人たちに公害の被害を訴えてきました。公害があったこと、運動してきたことを後世に伝えたいと願っています。しかし、教育の現場や一般的にそのことが伝えられているかというと、難しいのが現実です。被害が起きた現地でさえ、公害があったことや反対運動があった情報は伝わっていません。

「公害を伝えるスタディツアー」は公害があった現地に行き、若い目線で何を学べるのかを見つけるという取り組みです。この取り組みの中で、公害とは何か、再生とは何かを見つけてほしいと願っています。そして、この取り組みが、新しい公害教育を築く素材となればと思います。

このスタディツアーは独立行政法人環境再生機構の地球環境基金の助成金で運営しています。3ヶ年事業として2009年は土壌汚染の現場、2010年に水俣病の現場、2011年に大気汚染の現場を訪ねて、集めた情報をwebサイトなどに掲載し、最終的には中学生向けの学習教材などにまとめる予定です。

公害の経験を伝えたいという公害患者の願いがこもったバトンを、次の世代に手渡すために、このスタディツアーが必要です。この取り組みをたくさんの人に支えられて実践できたことに感謝しています。そして、この取り組みが大きく羽ばたくことを期待しています。

あおぞら財団 理事 森脇 君雄

ページの先頭へ戻る